小林博士の数感・図形パズル

図形を使って空間把握能力を育て、算数能力と思考力を鍛える


算数の正しい能力開発とは、テストの点数を追いかけることではありません。
まずは数、図形の概念を理解することです。


幼児期、小学低学年のうちに、概念を理解し、数や空間把握の下地作りをしておくと、

小学高学年、中学生になっても算数、数学で困ることはなくなります。


パズルや積木などの具体物を活用しながら、楽しみながら算数の能力を開発し、

算数が好きになるプログラムで学べます。

 

立体パズル組み立て(1回目)

立体パズル組み立て(2回目)



プログラム内容

「できた!」の 達成感が、

勉強全体への自信に つながります。

 

 

SJ-キッズでは、算数の思考力を養うために、

数理色板や積み木を使い、考える脳の土台を作ります。

 

小学生の早い時期から、数に対するセンスを磨き、

筋道を立てた考え方を身に付けておくと

中学生からの学習にもスムーズにつながります。

 

数学は、高得点をしやすい教科ですが、

苦手意識があるといつまでも、受験に対して申し訳不安が残ります。

 

中学生になって、

計算に時間がかかったり、文章題の考え方が分からなかったりすると、

勉強時間に2倍、3倍も要することになり、

他の事に取り組む時間が削られてしまいます。

小さいうちから、数、形の概念を育てておくと、

問題にも取り組みやすくなります。  

<プログラムの目標>
・基礎基本の徹底
・筋道を作る考え方
・平面、空間把握能力の育成

 

<使用教材>

空間把握能力を伸ばす「数理つみき」
算数ができる子に育つ「数理色板」


生徒の声

◆小学生のときに数感図形を学習し、

現在福井大学 工学部 電気電子情報工学科 学生より

 

僕が図形学習を行うこととなったのは

親がチラシを見て勧めてきたのが

きっかけです。そのまま流れるように

入塾し、学習し始めました。

 

やっている時は、ひたすら集中して

組み方を考え、ようやくできた時は

自信たっぷりで先生に報告しに行ってました(笑)

 

この学習を通して、僕が一番役に立ったと

思うことは、一つの問題に集中し、

さまざまなアプローチを考えながら

課題に取り組むことができるようになったことです。

 

中高と進むにつれて、問題(特に数学)の

難易度が上がっていくと、難問への

集中力、そして正しい解法に辿り着く

までに様々な方法を試すことが必要になってきます。

 

僕がこれをスムーズに行えるようになったのは図形学習のおかげです。


体験授業

体験授業も行っています。

 

親子で体験できますので、

興味のある方はぜひご参加ください。

 

体験授業の申し込みやお問い合わせに関しては、

「お問い合わせ」から、またはお電話にて

お願いいたします。



小林茂広博士プロフィール

昭和16年、東京大学理学部物理学科卒。理学博士。

香川大学名誉教授、徳島文理大学教授。

また、日本におけるコンピュータ教育の草分け的存在として

日本教育工学協会会長を務め、

教育工学推進の功績により通産大臣の表彰を受ける。

数理的玩具教材多数考案。

『考える遊び』教育研究所創立。

勲三等旭日中綬章受賞。

平成6年9月没。


小林博士の「数と図形の融合学習」とは

小林博士は受験を目標とした数偏重の今日の算数教育の在り方に疑問を抱き、

算数は難しい定理の暗記や計算問題ばかりを扱う抽象的な世界ではなく、

子供たちに「手」で触って実感できる楽しい不思議に満ち溢れた世界であることを

経験させる必要性を説きました。

 

そこで開発されたのが、この「数と図形の融合学習」です。

 

大切なのは1+1=2だと暗記させるのではなく、

1と1のものを合わせると本当に2になること

数・量において確認できる数理的な経験をさせることなのです。

 

それには抽象的な数字に偏った従来の算数指導とは全く発想を異にする方法で

幼児期から数概念を育てる算数指導を行う必要があります。

 

この「数感・図形パズル」のプログラムは個々の能力に合わせて

算数や数学の基礎となる能力を育て、思考力のある子を育てます。